2009年01月09日

今、思うこと

新規求人数の推移を見ていたら、

●2007年1月以降の2年間、前年比で下落が続いている

●11月は前年比▲35%の大幅減となり、この後退期で最悪

●11月の新規求人数は、2002年の水準にまで下落

ということが確認できた。

2007年10月が景気の山だったらしいので、景気の先行指標としたら、

2007年1月以降の下落は景気動向を反映していたのだろう。

新規求人数がいつ回復に転じるか、非常に注目する。


ところで、前回の景気後退→回復時である2002年頃のときは、

新規求人数の推移からだいぶ遅れて株価は回復した。

これはITバブル崩壊→未曾有の金融危機という

重要な要因があったため投資家が株価回復に期待を持ちにくかった

のではないかと思う。

だから株価回復が実体経済の回復より大きく遅れてしまった。

その後小泉政権のりそな国有化により改革期待が高まり、

既に回復していた実体経済とともに株価は上昇していくことになる。


これらを今の状況に当てはめると・・・

100年に1度の不況は前回のITバブル崩壊の比ではないだろう。

ゆえに株価が本格的に回復するのは、実体経済の回復を確実に確認して

からになると考える。

今はオバマ期待が膨らんでいるが、今年の7月くらいに本当の確認が

なされるまでは、本格回復は考えにくい。

この場合、まずアメリカの株価が上昇し、それから遅れて日本が上昇

するという展開になるだろう。

なお、新規求人数もそうだが、まだまだ悪い指標が出てくると予想されるため

少なくとも3月くらいまでは株価が上昇するシーンはないと予想する。

それどころか、3月末の資金繰りに行き詰る企業が出てきて、

さらなる株価下落もも考られる。


まとめると、

◆新規求人件数に注目して、実体経済の底打ちのタイミングを注視

◆オバマ期待が本物かどうかを注目

◆3月危機を警戒

⇒3月を越えるまでは追加投資は見送り、キャッシュで保有

 4月以降、実態経済の回復を確認したタイミングで、

 早めに投資を再開する。






posted by 虎坊主 at 00:48| Comment(41) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

『金持ち父さんの キャッシュフロー・クワドラント』 ★★★★☆

ベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』の続編である同書。

前作が私にとっては非常に読み応えのある本であったため期待していましたが、今回は・・・

金持ちへの具体的な手法の紹介はあまりなく、ありがちな「心構え」本となっている気がしました。

しかし、前半部分は前作をより深く説明している部分もあり、全体としてはためになる本でした。

主な内容を下に記します。


●収入を得る4つのクワドラント(領域)が存在する

  ◆E(従業員)・・・サラリーマンや公務員。収入の大部分が雇用主からの給与。

  ◆S(自営業者)・・・そのまま。

  ◆B(ビジネスオーナー)・・・有能な人を雇って自分はあまり働かない、企業のオーナー等。

  ◆I(投資家)・・・お金がお金を生み出してくれる人。


●ラットレースを抜け出すには、BかIになるべし

  EからいきなりB、Iになることは難しい。

  そこで著者はまずはBになることを勧めている。

  Bは、Bとして収入を得るのみならず、豊富なビジネス感覚を養うことができ、Iへのステップになる。

  Bになるには、「自ら起業する」、「フランチャイズに加盟する」、「ネットワークビジネスに加盟する」がある。

●投資家には7つのレベルが存在する

  詳細は割愛しますが、まずは長期投資家になれと著者は言っています。

  お金の長期計画を立て、小さな投資からまず始めること。

  始めることが投資の学習効率が飛躍的にUPする。

●大きな借金をするときは、他人が利息を払ってくれる仕組みを作れ

  やや難しい内容ですが、投資をするときには、

  「支払利息≦キャッシュイン」となるような計画を立てろという意味です。

  たとえば、投資用不動産を買うために1億円の借金をして支払利息が年間1000万円なら、

  維持費等を控除した得られる賃料収入等が年間1000万円以上になる確実な計画が立ってはじめて

  その投資計画を実行しなさいという意味です。

●その他、心構えに関する指針

  著者自身が学んできた教えから、読者にどのような心構えでいるべきかを説いています。(内容割愛)

●B、I になるための指針

  STEP1〜7までに分け、行動計画を記しています。(内容割愛)


以上、簡単ではありますが内容をご紹介させていただきました。

上にも書きましたが、前作をきちんと理解していれば、目新しい内容はありません。

最後に、著者の言うB、I への道のモデルケースを考えてみました。


【E → B、I への道】

■20歳〜40歳

会社勤務。営業や財務、ビジネスシステムについて学ぶ。

給料の20%程度を株式、不動産運用に回し、給与所得と投資所得が同じくらいに。総年収1000〜2000万円。

日々の生活は倹約に努め、40歳で資産が3億円突破。

■40歳〜45歳

今までに蓄えた資金を元手に起業。

会社員時代の経験を生かし、ビジネスは軌道に乗る。

45歳になったとき、自分がいなくても会社が回るような組織構築を実現。年収は3000万円以上。

■45歳〜

会社は自分がいなくても回るため、もっぱら時間を自由に使う。

一方で投資家としての修業を開始。

今までに養ったビジネスセンスを生かし、自分のやりたい事業、NPO等を実施。

社会に貢献する。



こんな感じでしょうか!?

なかなかそううまくいくものではないにせよ、ロバート・キヨサキ流はこんな感じなのでしょうなね。











posted by 虎坊主 at 15:31| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『10年先を読む長期投資』 ★★★☆☆

澤上ファンドを率いる、澤上氏の本を読みました。



彼の運用スタンスを知るために。




同書は残念ながら、完全な初心者向けのものでした。



ゆえに読み飛ばすところが多かったというのが正直な感想です。



ただ、同氏の長期投資に対するスタンスを垣間見ることはできたのは、よかった点です。



★は2つですが、初めて投資をする人にはいいのかもしれません。




気になったポイントを記します。




●澤上流の長期投資



→10年単位の視野で、大きな流れを読む。例えば10年後は高齢化社会がより進展しているので、



 介護用ロボットが伸びると考えられ、ゆえにロボット開発で先行していて、かつ応援したい企業を買う。



 買うタイミングは相場の暴落時や不況時。エコノミストの見通しなどは一切無視する。



 売るタイミングは相場過熱時。街に人が増えたり、若者の羽振りが良かったりする現象から過熱を感じとる。



 また、「経営者で投資する会社を決める」ということについては否定的。



 なぜなら、仮に社長に会えたとしても、数階の面談で資質を図ること自体が不可能だから。



 相場や景気の見通し同様、「わからないなら気にしない」というスタンス。



 ただし、残念ながら個別株の探し方は、「ダイナミズムを読め」としか言及なく、参考にならない。




他にも以下のようなことが記されていますが、個人的に役にたたなかったので内容は割愛します。



■投資しなければ将来が不安であること(第一章)




■長期投資と短期投資の違い(第二章)




■長期投資を投資信託で行う(第4章)





本当の初心者向けの本なので、目線が自分の求めているもと違うのはやむなしですが、



もう少し個別銘柄の選び方などについて言及してほしかったです。



この本の教えだと、



「将来需要が大きくなる産業に属する、応援したい企業を見つけ、安い時に買ってそのまま保有しなさい」



だけです。



確かに先は読めないし、長期投資なら1年後の景気見通しなど無視すべきだという指摘はうなずけますが、



肝心の投資銘柄選定ができなければ・・・



有力な産業の競争は激しくなるから、属している企業でも倒産する可能性もあるのでは・・・?!



初級の個人投資家が、これで投資銘柄を決めれるとは思いません・・・




いずれもうちょっと深いお話を機会があれば聞いてみたいです。











posted by 虎坊主 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

創建破綻後に見る不動産株

昨日創建が破綻して、本日の動きに不動産各社への投資家の見方が確認される。

■下がり続けている ⇒破たん懸念最大
・日本綜合地所

■直近急上昇→本日急落 ⇒仕手株かつ破綻懸念大

・タカラレーベン
・フージャースC
・サンシティ
・ランド
・シーズC


■仕手株だが本日下落小幅 ⇒仕手株の中では優位
・日本エスリード
・明和地所

■本日下落も値動きがほどほど ⇒破たん懸念あるが仕手株でない
・ゴールドクレスト
・スターツC

■値動きが大きくない銘柄 ⇒仕手株でない
・藤和不動産
・大京
・コスモスイニシア




上から順に危険。
posted by 虎坊主 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

投資方針

相変わらず方向感のない相場で上がる気配は感じられない。

不動産が薄商いの中物色されて一部に急上昇するのもあるが、短期筋の遊びに付き合ってはいけない。
上がっているのは短期筋の一時的な買い。

不動産株はもう1段の下げが9月までに来るはず。
あくまでも▲90%ラインを意識した売買を。


国際優良株については、当面厳しい状況が続くだろう。
ただし、コマツ・ダイキンなどは中長期的には確実に上昇すると考えられるため、目標株価を下回った場合、▲10%ポイントで拾いたい。

         買い   売り  現在株価

◆ダイキン工業  3920   5600    5120
◆小松製作所   2200   3960    3170
◆ニトリ     5100   7000    5340


posted by 虎坊主 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

不動産投資基準

【投資基準】
●2007年度最高値から90%DOWN以上
●9月末越えのメドが立つまでいったん待ち

【投資対象銘柄】
・大京
・藤和不動産
・コスモスイニシア
・タカラレーベン
・日本エスリード


【H氏情報】
(オススメ)
・明和地所
・スターツ
(懸念)
・日本エスリード・・・関西は在庫過多。
・大京・・・素地の仕込みメド立ってない
・タカラ・・・規模?

【ニュートラル】
(財務不安)
・ダイア建設
・明和地所
・日本総合地所
・フージャースコーポレーション
・サンシティ

【買ってはいけない】
(コンプラ系)
・ジョイント
・アゼル
(継続企業疑義)
・シーズクリエイト
・ノエル
(情報非開示系)
・ランド
・パシフィック
(新興系)
・アゼル
・ファンドクリエーション
・プロパスト
・ダイナシティ
・アルデプロ
・明豊エンタープライズ
・ノエル
・ダヴィンチアドバイザーズ
posted by 虎坊主 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

不動産投資候補たち

【候補】
藤和不動産
大京
明和地所
日本エスリード
日本綜合地所
クリード
タカラレーベン
パシフィックホールディングス
フージャースコーポレーション
サンシティ
シーズクリエイト

【除外】
ランド・・・開示不明瞭のため
ファンクリ、プロパスト、ダイア、ダイナシティ
アルデプロ、明豊、ノエル、ダヴィンチ・・・東証1部以外のため


(気づき)
●ゼファー、アーバンは直近決算で、営業CFのマイナスを財務CFでカバーしきれず、通期でマイナスになっている。
●営業CFがマイナス、それを財務CFでリファイするのは不動産業界ではフツーだが、今の時期は気にしたい



http://www.shinsei-sec.co.jp/pdf/Vol223_2008_ShinseiSecResearchReport_20080611.pdf
posted by 虎坊主 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

不動産ボロ株ファンド創設

不動産の二極化が激しい。
大手は株価が下がらんが、中堅以下のマンデベは軒並み10分の1以下に下がってきている。
理由は信用不安の一言。
確かに多くの会社が多大な棚卸資産を抱え、少し腐った瞬間に債務超過になりそうな状況。銀行が貸さなくなった瞬間に倒産するだろう。

が、一方で中堅マンデベのすべてが倒産するかというとそうでもないだろう。
中古市場の価格が反転しているように、都心のマンション取得ニーズは強い。ただ、消費者が「まだ下がる」と思って買い控えしているだけ。
現実はまだ夜明けは遠いとの業者達の感想が聞こえてはいるが。


1〜2年は厳しいかもしれないが、いつか夜明けは来る。
その時に生き残る中堅不動産の株を持っておけば、今の株価で仕込めば10倍も夢ではないだろう。
確かに2006,7年のようなバブルまでは戻らないだろうから、当時の最高株価にまでは戻らないにしても、その半値くらいには十分戻るのではないだろうか?
詳細な検証はまだしていないが、そんな仮説を持っている。

投資スタンスとしては、

●最高値の20分の1の株価で仕込む
●リスクヘッジのために暴落株を10株くらいに分散投資
●コンプラリスクは取らない

こんな感じで、10社のうち半分が倒産したとしても、5倍を目標にファンドを作ってみたい。

※数字はすべて仮置き。要詳細検討。
posted by 虎坊主 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

現在の投資方針

●原油をはじめとする、資源高は近々ピークアウトする
●原油は年末に1バレル=90ドル位になるのではないか
●原油下落→代替資産(株・債券等)への資金シフトが起こる
●現時点でも相対的に利回りの高いREITは見直される時がくる
●中国株も下がりすぎた反動に期待できる
●同様に不動産株も、信用不安が過ぎれば中堅不動産はオイシイ


★原油下落→資金シフト→REIT
            中国株
            不動産(下落の大きいもの)

の流れが基本線。
資源価格に注目しながら、3つの資産への投資タイミング計る。
posted by 虎坊主 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

スタンス確認

現状のスタンスを確認。

●日本株は調整終了。今後はファンダメンタルが見られる局面に
●アメリカはまだしばらく調整続く
●不動産株は買いたいが、6月末を超えてから
●不動産の倒産には要注意。またマンションの値下がりも注目

上記を意識して、投資行動を。

引き続き狙っている国際優良株は下がれば買う。
不動産は6月ショックもしくは準大手級の倒産がないか見る。
なければマンション市況の底入れ、というか大幅価格下落から始まる市場反転に注意する。
早くて6月末、遅くても今年中にはじわじわ反転するのでは?!

posted by 虎坊主 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

4・20 事実確認と予測

現時点での事実確認。マクロを理解しておこう。

【事実】
●サブプライムショックのあとも、BRICsの1−3期は強い。
(4.19日経新聞参照)
●投機資金の入りにくいコメでも価格暴騰
●アメリカの景気はいよいよ後退濃厚
●サブプラ損失はまだありそう(IMF予想のまだ1/3に留まる)
●中国の不動産価格はまだ上がっている(さらに加速)

【予測】
どうやらアメリカの後退は必至。
一方でアメリカ後退による新興国減速はなさそう。内需で十分カバーできているようだ。
ただ、中国の不動産バブルはまだ膨れ上がっており、今年中には崩壊すると考えられる。
もし中国不動産バブルが崩壊すると、世界経済は厳しい局面を迎えるかもしれない。
投資先としては、
●内需が堅調
●インフレの影響を受けにくい(価格高騰に耐えられる、もしくは資源バブル崩壊の影響を受けない(ロシアや中東以外という意味で))
●バブル崩壊リスクを抱えない
の3条件を満たしたものか!?

イメージとしては、
◆インド(特に国策のインフラ系)
◆日本企業の国際優良型で、輸出先のバランスが取れている企業
あたりか?
中国株は不動産・北京五輪後の行方を確認できない限りは手を出せない。
posted by 虎坊主 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

ニトリ EPSとPER推移(過去5年)

【実績値】
     EPS  
2001.2  39
2002.2  69
2003.2  98
2004.2  143
2005.2  153
2006.2  172
2007.2  236
2008.2

【予想値ベース】
     予想EPS  PERレンジ
2004.4.8  149   18.7-24.8
2005.3.31  180   18.8-20.5
2005.7.4  191   20.9-35.3   ★1Q上方修正サプライズ
2006.3.30  235   20.4-27.6
2006.10.2  222   18.9-27.4
2007.4.2  257   17.5-25.7
2008.4.2  284
posted by 虎坊主 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

SUMCO PER10倍突破!

資源株と見ているSUMCOがPER10倍を突破。

資源株のルールでは売却のタイミングとなった。

一方でここは高成長株の可能性も持っている。

その場合は16倍程度まではホールドしても良い。

ただ、現状の市場の認識から高成長株になるためには、どこかのタイミングで会社が高成長を示す必要があると考える。

やはり資源株のルールから「売り」のタイミングか!?
posted by 虎坊主 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

株式市場の現状分析

【事実】
●米景気はリセッションが決定的
●日本景気も各種指標、企業決算の悪化が鮮明に。ただし来期業績についてはまだ予想は出そろわず
●政治の混迷は続くが、ある程度市場は織り込んだ
●Jパワーでまた外資規制。しかしこれも市場は織り込んでいる

【所見】
◆日本固有の問題、外資規制や政治不信はすでに株価に織り込み済み。もうネガティブ情報出てもインパクトは小さい。一方でもしポジティブサプライズが出た場合は、インパクトは大きいと思われる。
◆日本の景気、0903期決算はまだ読めない。
◆しばらくは今の水準でいったりきたりか?


posted by 虎坊主 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

様子見

米国株がやや持ち直しの兆候を見せている。

今更ながら次々と悪い指標が出てくるが、すでに株価に景気後退は織り込んでいるのか?!

相場全体の予想は賭け以外の何物でもないが、個人的にはまだ底入れはしていないと考える。

だとすれば、ウォッチしている銘柄はまだ買えない。

ほんとの長期で持つならSUMCOは買ってもいい水準だが、もう一息の下落を求める。
posted by 虎坊主 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

【投資判断】信越化学、コマツ、SUMCO、大和冷機っ工業、ワタベ

3.20時点の投資判断

         目標購入株価
●信越化学工業    4300
●コマツ       2100
●SUMCO       1200
●大和冷機      360
●ワタベ      購入見送り


posted by 虎坊主 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式市場の見通し 7月頃まで

米景気はどうやら公的資金注入がなされるまでは回復しそうにない。
市場がそう考えている。

日本市場は、日銀人事・道路特定財源などに見られるように、福田が総理である限り買われる理由はない。
さらに日本の景気自体も「踊り場」と、あまり芳しくなく、そもそも論のところでもある。
それを払しょくするためには、4-6の企業決算が好調である必要もあるだろう。

今後日本株が買われる局面としては、
・米国の公的資金注入で、米株高、景気減速に歯止めの見通しがでたとき。外部要因で買われる。
・福田退陣、総選挙でリーダーシップがあり経済の動向に比重を置く人物が総理になったとき(民主党では無理)
・4-6企業業績好調、デカップリング論がある程度勢いを取り戻したとき

この3点に尽きるだろう。

短期的な需給による上下では、外人の売り越しが続くが、それが買い越しに転したときは短期的に上がるかもしれない。
しかし上記のような状況では、外人もわざわざ日本株は買わない。

新たなリスクがこれから生まれる可能性はあるが、上の3つが払しょくされた時は逆襲に転じるではないか。
posted by 虎坊主 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

現在の投資指針

(メモ)

買いたいと思う株はいくつもあるが、まだ投資水準にタッチしていない。

一方で日本株は、日銀総裁人事の空白→政治への失望もあり、まだまだ下げそう。
実際に外国人は容赦なく売り続けている。

現在のマーケットの主役は外国人。ならば福田が総理である限り、本格的な反発はありえない。

もちろん米経済、米株価、円高が底入れすれば、日経平均もある程度戻すだろう。

しかしその反発力は確実に他国に劣る。

ならば今、あえて下がるかもしれない局面で、日本株に追加投資する理由はない。

(結論)
やはり買いたい株であっても、今の水準での底入れを期待して買うのではなく、算定している投資水準にまで下がってから買うべきである。
posted by 虎坊主 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

ニトリに再度注目

現在のPER19.2倍は高い。
過去2年、4200-6600円のボックス圏で推移。
既存店売上+1%想定、出店も+17店であり、業績順調。
円高メリットも。

事業環境は非常に良いが、今の株価が高いのが問題。
4000円(PER15.5倍)まで下げれば迷わず買い。
ただ、4200円の壁は堅いので、4200円(PER16.3倍)で買いか。

なお、今期257円のERSは若干の上ブレを予想する。
円高および売上13%増に対する利益増が8.4%だから。

要注目。
posted by 虎坊主 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーター・リンチに学ぶ

名著『株で勝つ』より、金言を以下に記す。
(P225まで)

●投資は、なるべく採算があうように運用するギャンブルである
→突然不幸なことが起こり株価が下がっても、甘んじて受け入れる。株式市場は科学的なものでなく、絶対はないことをりかいし、次の銘柄探しに移行するべし。

●何かがヒットしたとき、それが会社全体に与えるインパクトを冷静に分析する

●株には6つの分類がある。「低成長株」「優良株」「急成長株」「市況関連株」「業績回復株」「資産株」の6つ。自分が投資する株がどれに属するかを理解した上で投資すべし。それによって目標が変わる。
ただし、企業を取り巻く環境がかわることで、それぞれの分類の間を移行することもある。

●リンチには13の投資対象選別項目がある
 ・面白みのない、または馬鹿げている社名
 ・変わり映えのしない業容
 ・感心しない業種
 ・分離独立した会社
 ・機関投資家が保有せず、アナリストがフォローしない会社
 ・悪い噂の出ている会社
 ・気の滅入る会社
 ・無成長産業であること
 ・ニッチ産業であること
 ・買い続けねばならない商品
 ・テクノロジーを使う側であること
 ・インサイダーたちが買う株
 ・自社株買い戻し

●リンチが避ける株
 ・人気産業の人気会社
 ・「第二の●●」な会社
 ・多悪化する会社
 ・耳打ち株
 ・単一顧客頼みの下請け会社
 ・名前の素敵な会社

●株価は収益に従う

●PERの目安は、
 ・低成長株:7−9倍
 ・優良株:10−14倍
 ・急成長株:14−20倍

●将来の収益見通しは難しいが、どのように収益向上を図っているかは確認できる。
 ・コスト削減
 ・値上げ
 ・市場拡大
 ・市場占有率拡大
 ・赤字部門のテコ入れ、売却、閉鎖
これらを確認すること収益向上の進捗が確認できる。

●会社の魅力、成長性、弱点など、2分間で「ストーリー」を語れるようにする。例えば、「SUMCOは優良株である。市場は拡大しており、シェアも拡大。PERは近年ない低水準。半導体市況の影響を受け下落しているが、持ち直すだろう」。

posted by 虎坊主 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。