2008年04月20日

4・20 事実確認と予測

現時点での事実確認。マクロを理解しておこう。

【事実】
●サブプライムショックのあとも、BRICsの1−3期は強い。
(4.19日経新聞参照)
●投機資金の入りにくいコメでも価格暴騰
●アメリカの景気はいよいよ後退濃厚
●サブプラ損失はまだありそう(IMF予想のまだ1/3に留まる)
●中国の不動産価格はまだ上がっている(さらに加速)

【予測】
どうやらアメリカの後退は必至。
一方でアメリカ後退による新興国減速はなさそう。内需で十分カバーできているようだ。
ただ、中国の不動産バブルはまだ膨れ上がっており、今年中には崩壊すると考えられる。
もし中国不動産バブルが崩壊すると、世界経済は厳しい局面を迎えるかもしれない。
投資先としては、
●内需が堅調
●インフレの影響を受けにくい(価格高騰に耐えられる、もしくは資源バブル崩壊の影響を受けない(ロシアや中東以外という意味で))
●バブル崩壊リスクを抱えない
の3条件を満たしたものか!?

イメージとしては、
◆インド(特に国策のインフラ系)
◆日本企業の国際優良型で、輸出先のバランスが取れている企業
あたりか?
中国株は不動産・北京五輪後の行方を確認できない限りは手を出せない。
posted by 虎坊主 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。