2008年04月06日

株式市場の現状分析

【事実】
●米景気はリセッションが決定的
●日本景気も各種指標、企業決算の悪化が鮮明に。ただし来期業績についてはまだ予想は出そろわず
●政治の混迷は続くが、ある程度市場は織り込んだ
●Jパワーでまた外資規制。しかしこれも市場は織り込んでいる

【所見】
◆日本固有の問題、外資規制や政治不信はすでに株価に織り込み済み。もうネガティブ情報出てもインパクトは小さい。一方でもしポジティブサプライズが出た場合は、インパクトは大きいと思われる。
◆日本の景気、0903期決算はまだ読めない。
◆しばらくは今の水準でいったりきたりか?


posted by 虎坊主 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。